アトピー性皮膚炎の効果的なケアとは

アトピー性皮膚炎について

アトピーケアは保湿が重要


アトピー性皮膚炎を発症した場合、それ以上に悪化しないようにケアすることが大切です。アトピーの大敵は乾燥なので、正しい保湿で肌を保護することが最良のケアとなります。病院から処方されるステロイド系の外用薬などは、炎症を鎮静することを目的としており、保湿作用があるわけではありません。外用薬を使用している場合は、患部に外用薬を塗布したうえに保湿剤を重ね塗りすることで乾燥を防ぐことができます。アトピーの症状が軽く、外用薬を塗るほどでもない場合は、直接保湿剤を塗ってもかまいません。代表的な保湿剤には、ワセリンやヘパリン類似物質、尿素の3つの種類があり、症状によって使い分けることが必要となりますが、比較的どの症状でも使用できると言われているのがワセリンです。

ヘパリン類似物質や尿素が配合された保湿クリームは、炎症部分に塗布することで痒みや刺激を感じることがありますが、ワセリンは肌の内部まで浸透することがないため、安心して使用することができます。失われた肌のバリア機能を回復させてくれるため、ホコリや化学物質などの刺激から肌を守ってくれます。ワセリンには、黄色味を帯びた黄色ワセリンと白色ワセリンがあります。精製度や刺激の強さに違いがあるため、自分の症状に合わせて選んだ方がいいでしょう。


アトピーを悪化させないために


アトピー性皮膚炎は、一度発症してしまうと完治することが非常に難しい病気であると言われています。根気強くつきあっていかなければならない病気ですが、症状を軽くすることは可能となるので、通院や薬物治療のほかに家庭の日常生活で留意するポイントについて考えてみましょう。まず、身の回りを常に清潔に保つことです。皮膚に炎症が起きると、表面に細菌が繁殖しやすい状態になるので、汗や汚れは症状を悪化させる原因となってしまいます。夜だけでなく朝もシャワーを浴びて汗や汚れを洗い流すようにすると皮膚を清潔に保つことができます。皮膚が乾燥しないようにぬるめのお湯で石鹸やタオルを使用せずに、優しく洗い流すようにするといいでしょう。

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。寝具をいつも清潔に保つこともアトピー性皮膚炎を悪化させないためのポイントであると言えます。パジャマや別途カバー、シーツや枕カバーなど、直接肌に触れるものはなるべくこまめに取り替えるようにしましょう。季節によってダニが繁殖する時期もあるので、天日干しや掃除機を使ってダニを取り除くことも大切なことです。また、ハウスダストが与える影響も大きいので、部屋の換気や掃除をこまめにしてホコリやダニを溜めないようにしましょう。


アトピー性皮膚炎の原因と症状


ひどい痒みが慢性的に続くアトピー性皮膚炎。その多くは、アレルギー性鼻炎や結膜炎などアレルギー性症状を生じやすい体質を持った方に多いと言われています。小児期に発症して成人期に症状が軽くなるのが一般的です。なかには成人になってから症状が重症化する人もいます。その原因には、体質遺伝のほかに環境的なものもあり、ダニや食物に含まれているアレルギーの原因物質、アレルゲンの侵入に対して免疫グロブリン抗体が産生されることによるものと言われています。最近は、食物アレルギーのある子どもが増加する傾向にありますが、特に卵や牛乳、小麦などを原因として症状が起きる場合もあります。また、ペットのフケや毛、人間の皮膚など、ハウスダストとして総称される環境的要因も大きな影響を与えていることが明らかになっています。

アトピー性皮膚炎になると、皮膚のバリア機能が損なわれてしまうため、夏の発汗時や冬の乾燥時、衣類と皮膚との摩擦などによって炎症を起こしやすい状態になります。一度炎症が起きると皮膚表面に細菌が増殖しやすくなり、悪化することも多い厄介な病気です。赤ちゃんや乳児のアトピー性皮膚炎は、顔や頭、耳の付け根や首、関節部分などに症状が現れることが多く、乾燥した湿疹のようなものが徐々にジュクジュクしたものやかさぶたのようなものに変化します。思春期や成人期になると、顔面や首、胸や背中などを中心として全身に症状が現れることが多く、強い痒みを伴うため搔きむしることによってさらに症状が悪化することがあります。