ひどい痒みが慢性的に続くアトピー性皮膚炎。その多くは、アレルギー性鼻炎や結膜炎などアレルギー性症状を生じやすい体質を持った方に多いと言われています。小児期に発症して成人期に症状が軽くなるのが一般的です。なかには成人になってから症状が重症化する人もいます。その原因には、体質遺伝のほかに環境的なものもあり、ダニや食物に含まれているアレルギーの原因物質、アレルゲンの侵入に対して免疫グロブリン抗体が産生されることによるものと言われています。最近は、食物アレルギーのある子どもが増加する傾向にありますが、特に卵や牛乳、小麦などを原因として症状が起きる場合もあります。また、ペットのフケや毛、人間の皮膚など、ハウスダストとして総称される環境的要因も大きな影響を与えていることが明らかになっています。

アトピー性皮膚炎になると、皮膚のバリア機能が損なわれてしまうため、夏の発汗時や冬の乾燥時、衣類と皮膚との摩擦などによって炎症を起こしやすい状態になります。一度炎症が起きると皮膚表面に細菌が増殖しやすくなり、悪化することも多い厄介な病気です。赤ちゃんや乳児のアトピー性皮膚炎は、顔や頭、耳の付け根や首、関節部分などに症状が現れることが多く、乾燥した湿疹のようなものが徐々にジュクジュクしたものやかさぶたのようなものに変化します。思春期や成人期になると、顔面や首、胸や背中などを中心として全身に症状が現れることが多く、強い痒みを伴うため搔きむしることによってさらに症状が悪化することがあります。