アトピー性皮膚炎を発症した場合、それ以上に悪化しないようにケアすることが大切です。アトピーの大敵は乾燥なので、正しい保湿で肌を保護することが最良のケアとなります。病院から処方されるステロイド系の外用薬などは、炎症を鎮静することを目的としており、保湿作用があるわけではありません。外用薬を使用している場合は、患部に外用薬を塗布したうえに保湿剤を重ね塗りすることで乾燥を防ぐことができます。アトピーの症状が軽く、外用薬を塗るほどでもない場合は、直接保湿剤を塗ってもかまいません。代表的な保湿剤には、ワセリンやヘパリン類似物質、尿素の3つの種類があり、症状によって使い分けることが必要となりますが、比較的どの症状でも使用できると言われているのがワセリンです。

ヘパリン類似物質や尿素が配合された保湿クリームは、炎症部分に塗布することで痒みや刺激を感じることがありますが、ワセリンは肌の内部まで浸透することがないため、安心して使用することができます。失われた肌のバリア機能を回復させてくれるため、ホコリや化学物質などの刺激から肌を守ってくれます。ワセリンには、黄色味を帯びた黄色ワセリンと白色ワセリンがあります。精製度や刺激の強さに違いがあるため、自分の症状に合わせて選んだ方がいいでしょう。